EKIKAN

INFORMATION

レス”モジョ”ジョーンズ / ロブ・ライラによるライブイベントがCharcoal Grill Parlor Orquestaにて開催されました!

2019年9月13日 | カテゴリ:


8月末、夏の暑さがひと段落し涼しい風が流れる夜に、ブルース・ロックシンガーのレス”モジョ”ジョーンズと、プロパーカッショニストのロブ・ライラによるライブがCharcoal Grill Parlor Orquestaで開催されました。

①ディナータイム

「ハロー・オオサカ!」の掛け声でスタートしたライブは、一瞬でお二人のレベルの高さがわかるものでした。
美しい音色のギターと渋く伸びやかな歌声が、軽やかなリズムのパーカッションに合わせてお客様の耳に届きます。

②ディナータイム

ブルースのようなエモーショナルな曲から、メロディアスでしっとり聴かせる曲まで幅広い選曲で心地よい時間が流れています。
お客様も、静かに音楽に耳を傾ける方、リズムに乗り身体を揺らしながら食事をされる方、ステップを踏みながらお酒を飲む方と、それぞれの素敵な音楽の流れる空間を楽しまれているようです。

③ディナータイム

途中、モジョさんの母国であるイギリスが生んだスターバンド、ビートルズの曲を何曲か挟みます。後半にはお客様からのリクエストで名曲「レット・イット・ビー」を歌い上げ、コール&レスポンスしたりとアットホームな盛り上がりをみせる中、山場を迎えました。

④ディナータイム

モジョさんが「ラストソング」とお客様に伝え弾き出したのはエディ・コクランの「サマータイム・ブルース」のギターリフ。忌野清志郎のカヴァーでも有名なこの曲をモジョさん流のアコースティックロックンロールアレンジで歌い上げ、この日のライブは終了となりました。

その後も盛り上がりの余韻が消えず、お二人の楽器に興味を持ちステージ前に来られたり、音楽の話を中心に談笑されるお客様がチラホラ。素敵な時間を過ごし、満足げに帰路につかれるお客様の姿が印象的でした。

⑤ディナータイム

Charcoal Grill Parlor Orquestaでは、フォークからジャズ・ハワイアンまで幅広く本格的なミュージシャン達によるライブイベントを企画しています。
オーナーの小林さん自身が元々音楽プロデューサーということもあって、新しいミュージシャンの発掘や若手の育成にも力を入れており、ここから世界に羽ばたくようなミュージシャンを生み出したいとの熱意も持たれています。
是非一度Charcoal Grill Parlor Orquestaで、素敵な時間をお過ごしください。

Charcoal Grill Parlor Orquesta(チャコールグリルパーラー オルケスタ)[炭火焼カフェレストラン]
公式Instagram